自然と触れ合う遊びがしたい

自然と触れ合えるとなると遠出しないとできないと思いがちですが、

わざわざ郊外の自然が残る場所まで行かなくても、近くの公園で充分できます。
外に出るだけでも、

日差しや土の香り、

虫の声などを五感を通じて

命を感じる体験ができます。
生き物と接する中で学ぶことはたくさんあります。
例えば、蝶やトンボを捕まえようと思った時に、

羽や胴体をそっと掴むこと、

掴んだ羽がちぎれないように加減することは、

実際に触れて学ぶリアルな体験。

 

そういう感情や感覚を伴って得たことは、

生きた知識として一生残ります。
虫が苦手な子もいると思いますが、

子供と一緒に外に出て自然と触れ合って、

たくさん冒険していきたいですね(´∀`)
そして、外に出て遊ぶときは図鑑があるといいですね♪
植物の図鑑だったら、

子供が花などを見つけた場合「花びらは何枚かな?」と

興味を広げる質問なんかをしてみてください。

親の生き生きとした反応が、子供の主体的な行動を促します。

 

もっと息子とアウトドアな遊びをしたいと考えています!
夏はキャンプなんかもしたいし、

朝早くに山に行ってカブトムシやクワガタなどを捕まえたり、

川で魚を捕ったり…いっぱいありすぎて書ききれませんが^^;
自然と触れ合うことって、考えるだけでもウキウキしてきます♪
子供が楽しむ為には、まず親が楽しむことが重要ですね!

 

 

スポンサーリンク




全く関係ないのですが、

デブ業界では『カレーは飲み物』という

格言的なことが言われていますが、

スープカレーはどうなるんだろう?と

思い浮かんで考えてみたのですが、

『流動食』とまず思いついたのですが、

食とついてる時点で飲み物よりも固形に近づいているので却下!

 
飲み物よりも更に流し込めることができる物ということで

『空気』がいいかなと思ったのですが、

面白くなかったので却下!
結論

『スープカレーを食べることが逆に準備運動』
という考えに思い至りました(´∀`)
全く関係ない件でした^^;

スポンサーリンク