スマホを幼い頃から扱っているといろいろな悪影響があります。

 

私の息子が通っている保育園でも

スマホやテレビなどを扱わせない教育方針でやっています。

 

 

『親と子の触れ合い』への影響

テレビやパソコンや携帯が、

親子の触れ合いを弱めるものとして指摘されていたのですが、

スマホはそれら以上に『触れ合い』への影響を弱めるようです。

 
乳幼児期は特に親との触れ合いが大切で

言葉をはじめ、人としての能力のほぼ全てのものを身につけていきます。
スマホに長時間気を取られて、我が子を放置しないように気を付けていきたいですね。

 
比較的に
『言葉の力が弱い』
『集中力を欠く』
『短絡的な反応をする』
『攻撃的になる』
『感情に乏しい』
『想像力と思考力に欠ける』
『社会性に乏しい』など
乳幼児期から過剰にテレビに接してきた子どもへの影響です。
スマホはそれを一層助長すると考えられています。

 

携帯依存症と電子メディア中毒

携帯電話が普及してきた頃から

依存症がよくニュースに取り上げられていましたが、

当然それ以上に深刻な問題になっていて、

電子メディア中毒と呼ばれています。

 
携帯依存症と同じで、

スマホなどの電子メディアが手元に無いと落ち着かない状態です。

 
小さい頃からテレビの前に座り続けたり、

親の携帯電話をいじってきた人たちが

その電子メディア中毒におちいりやすい傾向があります。

 
小さい頃から電子メディアにできるだけ接することが無い環境だと、

電子メディアを便利な道具として使うことができる傾向にあります。
なので小さい頃から積極的に使用することは避ける方が賢明です。

 

あくまでも道具として使う

 

家ではスマホは扱わせないですが、

よくテレビを見せています。

何か作業をする時には

子どもにテレビを見せていると集中して

大人しくなるからです。
便利な道具ですが、

あくまでも道具として扱ってもらいたいので、

テレビを見せるのをなるべく控えてもらい、

親子で触れ合う時間を増やしていきたいです(^^)

スポンサーリンク