最近息子のたどたどしい言葉が可愛くて
仕事中も思い出しニヤケをしているバカな親です( ̄∀ ̄)v

 

しゃべり始めると一気に人間に近づいてくるというか、

 

とても純粋に言った言葉をそのまま吸収して聞こえた通りに言ってるんでしょうが、まだまだ口の発達が未熟なんでしょうね〜

 

「ドキンちゃん」なんか「あずにゃん」って可愛すぎ‼︎(*´∀`*)

 

赤ちゃん言葉で話す方がいいの?ダメなの?

 

赤ちゃん言葉は良くないとか、積極的に話した方が早く話すことができるとかいろいろと言われています。

 

以前は「赤ちゃん言葉で話すと言葉の発達を遅らせる」という考え方があったようです。

 

赤ちゃん言葉はダメ派

 

『覚えた幼児語を一般的な言葉へ覚え直すことが負担になる』

 

『正しい日本語での対話が言語能力を磨く』
などと言われています。

 

赤ちゃん言葉は良い派

 

しかし、2014年に「大人の言葉で話しかけるより赤ちゃん言葉で話しかけた方が語彙数が多くなる」

とアメリカの大学の研究結果が発表され実際に親が赤ちゃんへ、

赤ちゃん言葉を対面で話しかけていた家庭の方が赤ちゃんは多くの言葉を覚えたという結果でした。

 

現在は両方の意見が飛び交っている状態です。

 

コミュニケーションという点で考える

 

コミュニケーションを図るという点においては「車」→「ブーブー」や「犬」→「ワンワン」などで伝えるのは良い事だと感じます。

 

実際に私の息子が通っている保育園では1歳7ヶ月の息子に対して「靴」のことは「くっく」、「アンパンマン」のことは「あんぱん」と言っていました。

 

私は息子に対して小さい頃から「正確な言葉を覚えていけ!」などとスパルタ教育をしようとは思いません。

 

子どもの成長に合わせて、段階を踏んで言葉を選びながら伝えていけばよいのではないでしょうか。

 

例えば1~2歳児には「お手々を洗いましょう。ゴロゴロペするよ〜」
3歳以上児には「手洗い、うがいしましょう」とか

 
言葉の語彙数や正確さではなく『コミュニケーションの喜びや楽しさ』を知ってもらうことが先ずは第一なんだと感じます。

 

それが感じれないことには言葉の語彙数や正確さなんて何の意味も持たなくなってしまいますからね。

 

スポンサーリンク